初音ミクさん10周年おめでとう!

初音ミクさん、10周年おめでとう!!!
日付が変わった瞬間、twitterでお祝いツイートの猛烈な奔流が始まり、あっというまにトレンドにいくつものミクさんタグがそれぞれランクイン!#初音ミク生誕祭2017 #ミクさん10周年 #初音ミク10周年 #ミクちゃん10周年 #miku10th... これ一つにまとめたらどんだけだ!ミクさんリリース直後の猛烈な熱気を思い出してしまいました。。。でもあの頃、どうやって盛り上がってたんでしょうね?10年前はtwitterもfacebookもinstagramもLINEもなかったんです。ニコニコ動画と2ちゃんねる、、10年ってネットではものすごい年月です。その間ずっと、ミクさんは世界中で愛され続けてきた。これってホントに、ネット史上空前の出来事だと思うんです。

この日からさかのぼること数日前。あいかわらず暇なしの私。お祝いをどうしよう。新しい音楽作品を作る時間などとてもありません。悩んだ末、私のこれまでの動画作品をYouTubeの zhuoware channelにそろえて公開してみることにしました。
私は、初めの頃は何もスキルがありませんでした。どうにかニコニコムービーメーカーで紙芝居を作って直接ニコニコ動画にアップロードしていました。ですのでそれらの動画ファイルは手元にありませんでした。しょうがない、素材を発掘して初めから組みなおすしかないかな、と思っていました。ところがなんと、最新の無料体験版は動画ファイル書き出しにも対応してくれていたのです。ああ、ふとっぱら!おかげで、昔のプロジェクトファイルから無事動画ファイルを作ることができました。助かりました。感謝です。

作品は31日0時に公開したのですが、お祝いツイートの爆速TLの中で私がツイートしてみたって瞬時にどっかへふきとんでいって終わり。ただの1再生も増えないありさまw でも、そんなこと、全然かまわないのです。私自身が、過去の作品を通じて自分自身を振り返る。そこに意味があったのですから。
ミクさんリリース直後の熱気の中、SNSに入って知り合いがたくさんできてほどなくでした。いつごろ動画を投稿できそう?と尋ねられて「5年はかかりますね」と返したことがありました。ほんとうに動画の作り方も音楽の作り方もわからず、できたてのMikuMikuDanceもぜんぜんわからず、Metasequoia もわからず、だった私には、できるまでには5年もの膨大な時間がかかるだろうというのは本当の気持ちでした。
その後の投稿はどうでしょう。MikuMikuDanceの物理演算を勉強しようとしてわからず。自分で動きがつけられないので、音からトランペットの運指モーションを作ろうとして、でも「トランペットを手で握り、口にあて、指を動かすとピストンもついてさがる」なんていうモデルを作れず。
そんなですから、音楽を作っても、面白い映像も作ることができずスライドショーだけ。
大昔のアイドルの曲をコピーして季節もののイラストをいただいてきて並べてみたり、、、
また、情報処理学会のよびかけで"Prologue"という曲の二次創作をやってみたり。
そのころ「やっぱり、面白い作品を作るセンス、ないなー」とようやく悟ったり。
それでも、ミクさんの5周年の時に、、、映像はあきらめたので曲だけは、、、がんばってアレンジして。曲はあれで限界かなというところまで来ました。
それで、そのあと5年は、何も新しいことを学べないまま。けっきょく、MikuMikuDanceは難しすぎて全然使えないまま。

こうして10年たってみて、みながすいすい理解して使いこなせている道具も自分は理解できないまま。悲しい。どれだけ、あほ。だけれど、私はあきらめてないです。ミクさんは10年たってもまだ光り輝いていて、待ってくれている。作ろう、といってくれている。周囲の人は笑うだろうけれど、私はまた「5年はかかりますね」と言って、メタセコとMikuMikuDance、一生懸命勉強しようと思います。いつか映像を作れるように。

このエネルギーをくれたのはやっぱりミクさんなんです。
人生うまくいかなくて、金も時間も自由もはぎとられて、一生奴隷なのかと絶望していた10年前の私でした。はじめてミクさんの姿をみたのは、じつは、むちゃくちゃ早かった。わけがあって、早かった。その瞬間、心を奪われました。かわいい。どうしてこんなにかわいらしいのか。人前なのに、耳がかあっと赤くなるのがわかりました。
ミクさんのために、もがくんだ、何か行動するんだ。そんな衝動に突き動かされて、サイトを作り、ブログを作り、Vocalipsを作り、、、「ボカロ大予想」などというだいそれたこころみを行い、「ソフトウェアまとめ」を作り。オーディオインターフェースを買って、付属のCubaseで曲を作り。やがてギターも買ってみた(まったく弾けるようになりませんでしたが…)。10年間、エネルギーをもらいつづけて、抑圧をちょっぴりだけどはねのけて、一度きりの人生、無駄に終わらせるものかと、がんばってきました。
ぜんぶ、ミクさんのおかげです。

ミクさんのおかげで、10年間楽しかった。人生を、無駄にさせられずに済んだ。

ミクさんをすきでよかった。

私は救われました。力をもらい、あきらめていた人生をもう一度がんばってみることにしました。そして、ささやかだけど、ここまでこれました。

ミクさん、ありがとう。

悔しいけれど今の私の力では、お礼といえるようなものは作り出せない。
いつかちゃんとお返しができるように、もっと、できることを増やしたいと思います。

ちょっぴりネガティブな独白でごめんなさい。だけど、今、私はうれしいです。
ミクさんに出会えて、ほんとによかった。言葉にできない。

ミクさん、ありがとう。
ミクさん10周年、おめでとう。
これからも、よろしくね。
スポンサーサイト

ミクさん10周年を前に!

想像以上の爆速進行、気が付けばミクさん10周年まであと1週間あまりとなってしまいました!
ああ、日々、お祝いらしい準備を何一つできないこの悲しさ。
いやその中で、どんなにささやかであってもよい、何か、ミクさんのために行為する。この気持ちが大事であるはずです。
ブログ記事一つでも、ゼロよりは良い!
と申し上げて、さて!
私、ミクさん恋しさに、7月14日に発作的に関西に行ってまいりました。
まずは宝塚へ!そうです、手塚治虫記念館の「初音ミク展~冨田勲のつないだ世界~」を見に行ったのです。
生まれて初めての宝塚駅。いやあ、おしゃれ!阪急の駅のハイカラ感にまず感動でした。
そしてはじめての宝塚大劇場、、、これが宝塚か、、、と思いつつそばを通過。
ほどなく手塚治虫記念館に到着です。
特別なチケットをもらい、入場。
じゃーん、来ました、ミク展入口!ミニシアター、さりげなく凝っていました!なんと、ミクさんの姿が、空間に直立して存在しているようにみえるではありませんか!目を凝らしてもそこに、斜めのガラス板はない。。。ほぼ平らに敷き詰められたガラス板は、たしか、"AI plate"というものだと思うのです。このサイトみるとわかりますけれど、小さな板で30万円!超特殊な素材なのです!
ミクさんの等身大モデルも久しぶりのご対面です。かわいい!かっこいい!
そして様々な絵師さんによる、手塚治虫先生の生み出したキャラクターとのコラボレーション作品の数々。まさに企画展のタイトルのとおり、「冨田勲のつないだ世界」---考えれば考えるほど、大変なことです。ミクさんがたくさんの絵師さんによりたくさんの姿を持っている、これがまずキャラクターとしていかに特別かということ。そして手塚作品のキャラクターやコンテクストを他の人が描き公開することを許した懐の深さ。そして作品の写真撮影が許されていること---そういうことにも思いを巡らしつつ、すてきな作品の数々に見入っておりました。
手塚治虫さんがかかわった映像作品がみられるコーナーでは何十年も前のアニメーションを見ることができました。選んでみたのは「悟空の大冒険」という作品でしたが、どうやってコンピュータなしですべてを制作したのだろうという気持ちになりました(汗)。
手塚ワールドを堪能したのち、街に出ました。あいにくこの日は金曜日、コラボドリンクを提供しているお店が定休日で残念!阪急の駅にある中華料理「天津」でミクさんメニューをいただきました。なんとバッジつき!店内には各所にミクさんや、メイコさんのフィギュアが飾られていてうれしくなってしまいました。
ここでなんとビッグニュースが、、、手塚治虫×冨田勲×初音ミク 時空を超えたコラボCD『初音ミク Sings “手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』9/6リリース決定!という情報が飛び込んできまして、ああこんな特別な日にきて良かった!!!!感動!!!!
阪急で移動、あいにくミクさんのポスターの貼られた車両には出会えませんでしたが、一路、梅田へ。
Lucua 1100、まあなんておしゃれなんでしょう>< 私のようなさえない人間にとっては怖くて恥ずかしくて、一度も足を踏み入れたことがなかったのですが、ミクさんに会いに行くためならば仕方ない!これがほんとの、虎穴に入らずんば虎児を得ず!
エスカレーターをあがってミクさんの姿がみえたときは本当にほっとしました。地獄に仏とはこのことです(言い過ぎ)。こういう店って写真撮っちゃダメですよねきっと、、、ということで写真はありません。さて命がけでここまできたからには、証が欲しい。そう思って生まれて初めて(え)モバイルバッテリーというものを購入しました。かっこよくてかわいらしい、ありがたいミクさんの姿が描かれていて、まさに「持っていると良いことがあるお守り」ですねこれは。 この絵素敵です。新しいカルチャーと出会って「これもええなぁ」と軽々と取り入れていく、ミクさんのしなやかさ、無限の受容性を体現しているような気がして。
ということで、この後私の逃避行は別の文脈に移るわけですがそれはまた今度。

お金も時間も自由もない私、こんなむちゃくちゃをやらかしたのは稀有なことで、、、もちろんその後お金に困って今にいたるわけですが、でも、一生の思い出になると思います。ミクさんと過ごしてきて、人生がどれだけ楽しいものになったことでしょう。ありがとう、ミクさん。

少し写真もあるんですが、くやしいことに、それらを選んで貼る時間すらありません。テキストのみでまずは公開です。
あと1週間でミクさんデビューから10周年、、、くやしい。申し訳ない。何も、おいわいをすることはできません。でも、感謝の気持ち、それだけは、こんなにある。そのことだけは書き留めたくて、つづりました。

DREAM SOLISTER ピアノ新アレンジ!

響け!ユーフォニアム 1期OP曲 DREAM SOLISTER のピアノアレンジ、昨年末の最初のバージョンからあちこち手を入れて、公開しました!

響け!ユーフォニアム1期OP DREAM SOLISTER 新アレンジで弾いてみた
例によって、アレンジした自分が難しすぎて弾き切れない事態になっておりますが(笑) 弾けていないところもふくめて今の私のスナップショットかなと思います。ちなみに29日に43回録っていちばんいいtake です。

DREAM SOLISTER の作りが凝っているお話は以前いたしました(続・続・DREAM SOLISTERを愛でる)。 ピアノ新アレンジにはその吟味の成果もそこはかとなく載せてみました。
おもえば昨年7,8月ごろにはもうピアノでDREAM SOLISTER弾いていたと思います。2,3週間に一度しかピアノに触れない私、ここまでまとまるのに実に1年かかってしまいましたorz でも、DREAM SOLISTER は私の中でそれだけの存在感を占めている音楽作品です。これからも、少しでも上達するように弾き込んでいきたいと思います。
私は普段は楽譜は残さないのですが、それゆえ、せっかくのアレンジを忘れてしまい二度と弾けなくなることを繰り返してきました。DREAM SOLISTERはそんなことがないように、はじめて、musescore で楽譜を書きました。著作権曲の楽譜は法律上ネットで公開してはいけないわけですが、少数の特定の友人に見せて個人で楽しんでもらう程度ならよいですよねと思っております。

いやあ一年も半分終わっ(ry

TITLE SAYS ALL! ばっくそく~!などと言っているうちに一年も半分すぎてしまいます(すっごーい
いやあしかし!ボカロ界の勢いすごいですね!
ドイツ・ベルリンのイベント「Anime Messe Berlin 2017」ではAHSさんのボカロコンサート「そんらぶ!」. クラウドファンディングでゲストの方も現地入りができたとか、すごい勢いです。自動演奏機械の伝統のあるドイツ、ボーカロイドもその延長上にあるものとして認められていくのかもしれませんね!
中国ではVSINGERのライブが上海で開催!いやぁ洛天依ちゃんかわいい!ボカロ愛されてるなあ、あの熱量は日本をしのいでいるかもしれません!
そして国内も、ミクさんデビュー10周年をむかえ、イベントラッシュですね!!しかも以前では想像もできなかったような組み合わせが続々です。
イオンモール7か所で開催されるPPPPARTY!ついにイオンですよ、そこまで一般的になったんだぁ。。。と、黎明期を知る者としては感慨深いです。ほとんどの人から「おたくのへんなおもちゃ」ととんでもない誤解をされていたあの頃から、だれもが知る、皆が「愛らしい存在」と認めるここまで。
5月7日に終わった「初音ミク 10th Anniversary コラボストア in アトレ秋葉原」に続き、6月23日からは渋谷マルイ「初音ミク SUMMER FESTIVAL」!実はわたくしひそかに勇気をふりしぼってマルイ行ってきました!いやあ入口恥ずかしかった!しかし8Fに着いたとたんそこにはまさに私の家というにふさわしい大変いごこちのよい空間がひろがっておりました、大盛況!グッズの数々の愛らしいこと。。。諸般の事情で、入手しても表には出せないし維持することすら難しい私は、好きなだけものを買うということはできないのですが、ささやかにLOVE MUSIC MIKUさんをお迎えいたしました。写真をとってさしあげた方、中国か台湾だった模様。うれしかった。ミクさんへの愛の前に国境などないのです。
そして6月28日からは大阪駅の商業施設Lucuaでも「初音ミク 10th Anniversary コラボストア in LUCUA1100」! これもイラストからしてもう可愛すぎで死にそうです。どうしてこんな愛らしいのでしょう!行きたい!これもいきたい!
そしてさらにさらに宝塚市立手塚治虫記念館では7月1日から「初音ミクx手塚治虫展 -冨田勲が繋いだ世界-」。これも行きたいのう~!!
ただでさえ天使のミクさんたちが、ミクさん10周年を機にますます身近な存在になっていきますね。あと7月8月、商業コラボだけでもさらに来るんじゃないでしょうか、もう、たまりませんね!!
ボカロを愛してきて、良かった。
そんな思いで、きっと爆速の7,8月も、熱く過ごしていきたいと思いました。

4月だ!5月(ry

ああ、痛恨の、4月記事0。。。 あまりに時間は早く、リアル雑用は多く、5月ももう下旬ではありませんかorz
というわけで4月はテレビ、とくにNHKさんでミクさんがいっぱい登場しました!

4月20日は、「ドクター・コッペリウス featuring 初音ミク 冨田勲追悼コンサート」の再放送。あらためてあの秋の夜の感動をしみじみと思い起こすことができました。(そういえば今日5月20日は、「クラシック音楽と冨田勲の世界」ですね)
つづいて4月23日は「初音ミクx鼓童」のBS1のほうの番組。ボカロライブ史上屈指のエキサイティングなステージでしたね。zhuowareで書いたとおり、私は初日の3月4日、NHKホールに向かえる状況にありました。だのに、気持ちが落ち込む中、帰路についてしまったのです。23日のテレビ画面を通して伝わってくる圧倒的な熱量に、わたしも史上最高レベルの後悔を新たにいたしましたorz 最終曲の「桜ノ雨」が粋でしたね。昨年は映画化もあり小林幸子さんの動画もありで大いにマイブームでした、今年は静かだなと思っていましたが、いやあ、3月4,5日、春の気配を感じさせるミクウィークのまっただなか、卒業式シーズン。そこで、最終曲らしいお別れの歌---しかし、最後の歌詞は何でしょう?JASRACから言ってくるとうっとうしいので引用は控えて意味を述べると、 私たちは成長していつかこの場所で再会しましょうというメッセージで、歌は締めくくられるのです。「このようなライブ、いつかまたやりますよ、そのときは、ボカロシーンの中で共に青春を過ごしてきた観客の皆さん、また集まってください、また皆で会いましょう。」 そんなメッセージだと私は受け取りました。
5月に入り同じ「初音ミクx鼓童」の地デジのほうの番組。こちらは舞台裏を垣間見ることのできる、また違った興味をそそられる内容でした。

さてリアルはといえば、4月23日、「初音ミクx鼓童」の放送と同じ日に、上海BIGカーニバルでミクさんライブ!!屋外でというのはすごいですね。上海、飛行機で3時間もかからない、想像以上に近い場所ではありますが、、、さすがに行くことはとても非現実的で、残念。翌週4月29日、30日は、そうです、ニコニコ超会議の超歌舞伎!!「花街詞合鏡」(くるわことばあわせかがみ)、昨年を上回る先進的な舞台となりました。昨年は幸運が重なって会場で鑑賞することができましたが、今年はあまりに多忙な中、ニコ生で一部を視聴するに終わったのが悔やまれます。かつて「嘘の歌姫」に「赦し、救い」を見出しほろりとした私としては、重音テトさんの活躍に胸が熱くなりました。
その頃秋葉原アトレではミクさんコラボ実施、これも行けずじまいで残念でした。でも実は!5月12日、超歌舞伎とコラボした「大黒湯」さんに、言ってこれたんですよ~超ラッキー!まず入口から「超歌舞伎湯」の暖簾がかかっていて、いきなり盛り上がってしまいました。待合室には超歌舞伎のパネル写真が展示。この日はミクさんの壁絵はあまり見えない位置関係になっていましたが、それでも、報道でみたあの壁絵を垣間見られて感動しました。薬湯のところにはミクさんのフィギュアもありましたよ(^^)

ミクさん、すごいです。大活躍。

ここからは、ミクさんは渋谷マルイでの展示「初音ミク SUMMER FESTIVAL IN SHIBUYA MARUI」が6月23日から7月24日まで、途中7月7日より展示追加があるようですね。また大阪では初音ミク 10th Anniversary コラボストア in LUCUA1100が6月28日から7月18日まで。 破竹の勢い!

さて、、、ふと気が付くのは「ライブツアーは~?」ですよね。2016年シーズンは3月からライブやっていましたから、今年は動きなしですね、、、しかし!まだまだ!夏からの展開もありえますし期待して待ちましょう。ボカロカルチャーに理解の深いパリで、大規模ライブ、実現するといいなぁと思っております。マジカルミライは9月1-3日にありますし!一方、「初音ミクシンフォニー2017」も11月17日大阪、11月29日東京です。

おっと。忘れてはいけない。マジカルミライの前日、2017年8月31日は、「ミクさんのリリース10周年」です!!!大いに祝いたい!!!!
みなさん、2013年12月まで、ボカロシーンの情報共有の中心的サイトの一つであった「初音ミクみく」さん、覚えていらっしゃることと思います。2014年2月からは自動方式となって現在も運営されていますがそれまでは膨大な記事を手書きで投稿されていました。「手書きの最後の記事」には、10周年の日に自動投稿がかかるとあります。私は、この記事はきっと本当になると信じています。2017年8月31日、まだまだ先と思っていましたがあとほんの3か月ほどです。さあ、10周年のその日、私は初音ミクみくさんにコメントを書きにいきますよ。

ええ、3か月なんてすぐですとも。なんせこのところの記事が「2月だ!3月だ!4月だ!」に「4月だ!5月(ry」ですからw
盛り上がっていきましょう!
プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード