FC2ブログ

【ユーフォ回】黄色と青色の不思議

年末のひと時、今日は響け!ユーフォニアムの話題です。
響け!ユーフォニアムにどっぷりはまったある時期から、少しずつ、少しずつ心に浮かんできた、自分でも不思議な一連の心象風景があります。そのことについて一昨日、何かに促されたような気持ちが沸き起こり一連のtweetをしました。それらをここに転記して記録としたいと思います。

●久美子も麗奈も尊敬する人から楽譜を授かっている。かぎりない想いとともに受け継がれる音楽は、人から人へ移ろって生き続けるみえない生命体のようにも感じられる。人と音楽、あるいは人と神との交歓。

●滝先生が麗奈に楽譜を渡すのが観流橋上であることは黄龍青龍仮説の傍証かもしれない;麗奈宅は宇治上神社付近。久美子宅至近の平等院の北東、鬼門の守りであって東方ではない。だが滝-「青い水の竜」-が麗奈を承継者と定め楽譜を託したのは平等院の真東だったのだ。

●中心たる平等院の久美子と東岸の麗奈が四神にいう中央の黄龍・東の青龍であり、二人の引力は神龍のむつみ合いであるとする黄龍青龍仮説。浴衣も瞳も、久美子の苗字も麗奈があこがれる滝の苗字も、アニメの題字も、NHK放送の二人の字幕の色もすべて黄と青。

●久美子と麗奈の象徴色が黄色、青色であることは間違いない。ただ四神 、五行思想まで踏まえて原作の設定がなされたのかは傍証がない。方位にも無理がある。アニメ脚色部分との峻別も必要である。この説はやはり証明不能かと思いつつ居る。

●県神社(裏鬼門)、平等院/久美子宅、久美子ベンチ、朝霧橋、宇治神社、宇治上神社(鬼門、麗奈宅)、大吉山展望台という直線上の2人の相互訪問、中央での花火大会の祝祭という構図と、東青龍説との方位の矛盾は大きい。ただ1つ昨晩気づきがあった。

●裏鬼門の県神社の祭の夜、久美子と麗奈の神秘的なランデブーがあった、鬼門方位の大吉山展望台。又の名は、仏徳山---平等院の真東、仏徳山興聖寺の一部だったのだ。久美子を迎えた麗奈の本拠地は、北東の鬼門宇治上神社でなく東の興聖寺であった。

●新任の滝先生の力量を疑う秀一と久美子を、通りかかった麗奈が一喝するシーン、麗奈は自宅側でなく観流橋側から現れる。これも興聖寺との関わりかもしれない。物語になぜか一度も現れない平等院と興聖寺が、プロットの根底を形作っているのだろうか。

●謎めいたことをつぶやいてしまいました。以前から少しずつ心に浮かんできたことなのですが、原典を損なう歪んだトンデモな読み方の面もあり、自戒したいと思います。まあ、久美子は黄色、麗奈は青色、どちらも赤が少し入ってることあり、でいいですよね。

[2018年1月4日追記] お正月に宇治に詣で、興聖寺にも行ってきました。禅宗のお寺の、静謐なたたずまい。入口からまっすぐな上り坂を見上げるとお寺の中までもが一直線に見通せます。一直線な麗奈の志向する、孤高、鍛錬、向上といった世界観と通じるものを感じました。一方の平等院は、楽隊が音楽を奏で、すべての人々が救われる安楽な世界。久美子の雰囲気に通じるものだと思います。改めて、「響け!ユーフォニアムで宇治を描こうとした」の真意は、単に宇治の各所の風景を物語に登場させるということにとどまらず、平等院という衆生の救済の場と、興聖寺という孤高の研さんの場とが川をはさんで対峙している、そのさまを久美子と麗奈に擬人化したということではないか、、、そこに、中央の黄龍と東の青龍が重ねられたのではないか、、、と、新たな妄想がこみげてきたのでした。
繰り返しになりますが、こうした妄想は、本来の執筆の意図をゆがめる有害な読み方という側面もあきらかにあります。私の考えをこうだと強く主張したり喧伝することは控えるべきだと思っております。極端に神秘指向の読み方とご理解ください。
スポンサーサイト



やります!ボカロ大予想2018!

やります!ボカロ大予想2018!
なんと前回のエントリから1ヶ月半とか!ほんっとありえません!!なぜこんなに日がたつのが速いんでしょう!!!
ということでなんと気が付けば、12月も後半。ということはあと2週間で1年が終わり。3週間たつと正月も終わってしまって、、、
正月、、、正月!?
そうです!!みなさん!お正月といえば??
そうです、ボカロ大予想!「ボカロ界で今年起きそうなこと大予想」です!!!
2018年にボカロ界で起きそうなできごとを考えて、twitter ハッシュタグ #vocaloforecast2018 を付けて、tweet しましょう。
あなたの願望、夢、妄想、決意表明、ひそかな計画、どんなことでもオッケー、オッケー!
ただし見た人が間違えてしまわないよう、【ボカロ大予想】または #ボカロ大予想 と記載してください。
お正月までに忘れちゃうこともありますから、今から1月3日までいつでもいいことにしましょう!

tweet いただいた内容は、三が日がおわったらのんびりと(ぇ集計して、ハンドル名とともに当blogにまとめて掲載いたします。著作権のこともありますので、掲載を望まれない場合は「転載不可」と書いていただくことと、もし掲載したものでもご要望があれば削除するという方針でまいります。また、基本的にどんな変な内容でもハンドル名とともに掲載してしまいますのでご注意ください!あまりにも公序良俗に反するものについては華麗にスルーさせていただく場合もありますのでご了承願います。

さあ、ではみなさんtweet お待ちいたします!

。。。まあですね、初音ミクさん、そしてリンちゃんレンくんと次々10周年を迎え、ほんとうにボーカロイドカルチャーは日本、そして世界各国でしっかりと根を下ろし、ゆるぎない日常生活の一部となりました。企業さまとのコラボも、この年末年始もまたアナウンスされており、マジカルミライは3万人もの来場者を集めるビッグイベントになりました。「ボカロ大予想」の初回をみると、いかに多くの、夢と思われてきたことが時間を経て実現してきたのかということに驚かされます。ええ、多くのことが、実現した10年でした。
では、日常生活の一部となったこのシーンにおいて、もはや予想ということに意味はないのでしょうか。
私は、意味は明白にあると思います。なぜなら、科学と芸術の申し子であるボーカロイドは、必然的に進歩がやむことがないからです。科学は進歩し、芸術も進歩します。そして予想という名の、未来の表明が、えてして科学、技術の進歩を促進することを私たちはいままで経験してきました。武道館でのボーカロイドのライブがその典型です。対話システムもしかり。
ですから、夢を語りましょう。あたる必要なんてありません。最高の夢を皆で語る。それこそがボーカロイドカルチャーへの賛美であり応援となると私は思います。

えー力入りましたw まあ、予想的中させようなんてできませんしつもりもありません、ひたすら夢をつぶやきますよ私はw 誰か、ぜひ実現お願いしますww

以下,過去の「ボカロ大予想」へのリンクです。
2017年版
ボカロ大予想2017結果発表
2016年版
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2016!
2015年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2015!
2014年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2014! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2014! Part 2
2013年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2013! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2013! Part 2
2012年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2012! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2012! Part 2
2011年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2011 Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2011 Part 2
2010年版:
今年ボカロ界で起きそうな出来事大予想 2010年版
2009年版: (geolog閉鎖にともないyahoo blogに移行しました)
大予想2009~
2008年版: (geolog閉鎖にともないyahoo blogに移行しました)
A Happy New Year
プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード