FC2ブログ

初期zhuoware のお引越し

[一時的に冒頭に再掲: 実は昨日、twitterアカウント zhuopが突然理由もなく規制を食らいまして(言うまでもなく、zhuop では何ら怒られるような行動はとっておらないことを誓います)、規制を解除しようとしたのですが、SMSがいっこうに送られてこず、万事休す。なんでメールで送ってくれないのか。やむなくメールでアピールしておきましたが、復活してくれるとしても1週間後というように聞いており途方に暮れております。しょうがなく一時的に「つおぴーサブ @ とりあえず」というサブアカを作りましたが、どうやってこれがzhuop と同一人物であって、乗っ取りじゃないと証明すればいいのやら。。。 ]

本編。
2007年10月から2009年12月までの初期のzhuoware記事の内容を、記録の意味ではてなブログさんに移しました。
URIはこちらです: https://zhuoware.hatenablog.com/
しみじみしますね。

blog ZHUOWAREは2007年10月,今はなきジオログでスタートいたしました。その後2010年1月に、新たにFC2にZHUOWAREを設置して運用をそちらに移し、ジオログは記録の意味で残してまいりました。
時は流れ2014年6月8日でジオログがサービス終了。それに伴い、残してあった初期ZHUOWAREの全内容を,記録の意味合いでジオログからYahoo! ブログに移行いたしました.
そしてまた時は流れ2019年。今度はYahoo! ブログが 12月15日でサービス終了となります。そこで再び初期ZHUOWAREの全内容を移行することとしました。移行先は、検討の結果はてなブログをえらばせていただきました。これは記録の意味合いですので、新規記事の発表は引き続きFC2で行っていきます。

思い返せば、今年2019年4月には、2007年10月からずっとお世話になっていたYahoo! ジオシティーズもサービス終了。ZHUOWARE BACKYARDは、検討の結果 忍者さんに居候することとなったのでした。(URI: http://zhuowarebackyard.ninja-web.net/index.html)
時は流れ、あれだけ人気を誇っていた大規模なサービスも終了を迎える。ジオシティーズのサービス終了時には、すべての「ホームページ」が移行をしたわけではありません。制作された方が移行しないと判断した。あるいはネットから離れた生活に移行し、サービス終了を知らなかった。あるいは、、、時の流れと共に人は老い、うつろい、膨大な量の貴重な情報が、どこにも保管されないままネット上から消失していきました。ネット初期の人類の知的な営みの記録は大半が失われてしまったのです。

blogとBACKYARDのホストの変遷を、図にまとめてみたのがこちらです↓
ZHUOWARE HISTORY 20191117

ふと、思います。いま隆盛を極める世界的なSNSや無料ネットサービスの数々が、サービス終了となったら。人生の記録、メールや写真、かわした会話がすべて消えてしまいます。それだけでも生きた証が失われるという大きな心の痛みではありますが(例外的な事例は、大規模ボーカロイドSNSの見事なクローズでしょう、、、ユーザの気持ちにとことん配慮し、さらに年一回の1日限定復活を数回おこなってユーザの心理的離脱を確認するという、これ以上考えられない見事な管理でした)、さらに、約束の証拠が失われる、今後の連絡手段が失われる、間接的に多くの契約関係が復元できなくなる。そのような実質的な痛みが生じることでしょう。
計画的な終了であってもそうです。まして、、、たとえば隕石、火山噴火などによる突然のサービス破たんが生じたら。なだたるネット企業のサービスは相互に依存していて、一社がなくなれば、それを担保としている他のサービスも使えなくなります。気が付けば我々は、突然終わってしまう可能性のある民間企業のサービスに、あまりにも深く依存して暮らしているのです。むろん自由競争のもと、一社が破たんするようなことがあれば類似サービスへの誘導が一気に起こり秩序が回復されることにはなるのでしょうが、、、
そのようなことを、つらつらと考える年の瀬です。

実は昨日、twitterアカウント zhuopが突然理由もなく規制を食らいまして(言うまでもなく、zhuop では何ら怒られるような行動はとっておらないことを誓います)、規制を解除しようとしたのですが、SMSがいっこうに送られてこず、万事休す。なんでメールで送ってくれないのか。やむなくメールでアピールしておきましたが、復活してくれるとしても1週間後というように聞いており途方に暮れております。しょうがなく一時的に「つおぴーサブ @ とりあえず」というサブアカを作りましたが、どうやってこれがzhuop と同一人物であって、乗っ取りじゃないと証明すればいいのやら。。。 
twitterはまだSNSの中では生活上の実質的依存度は低いはずですがそれですらこの有様。

そんなこともあり、心理面のみならず実質的な面でのネット依存の怖さをちょっぴり考えさせられた次第です。

相変わらず多忙なまま、あれよあれよと月日は流れ、今年も何と後6週間(驚愕)。人生ってなんだ?と考えてしまいますが、しかしこの記事を書くにあたり10年前のblog ZHUOWAREの何だか「今より幼いな」感に苦笑したり、ZHUOWARE BACKYARDを見て「忍者さんホスティングしてくれてありがとう、なんか使っていかないとな」と、またこそこそプログラミングしたくなったり、掻き立てられるものがありました。 5年前体調を崩すまでやっていた「ソフトウェアまとめ」。PCに向かう時間を減らす必要があって更新も中断し復帰困難となってしまいましたが、何か方法もあるのではないか。そんなことを思います。Vocalipsも、Ripplesも、、、そう、Vocalipsは中はPerl, GUIはTcl/Tkでしたが、今の時代Pythonで書き直した方が喜ばれるのではないか。 もう無理もききませんが、できたら、、、そんなこともやってみたいと思った次第です。

twitter account zhuop, 復活してくれー。
スポンサーサイト



プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード