表情認識

大変!気が付けば今年もなんと半分近くまで来ちゃってるじゃないですか!
しかしそれよりびっくりするのは最近の顔の表情認識システムのすごさです.

思い起こすと,2010年秋の「VocaWatcher」がその先駆でした.
VocaWatcher (ぼかうお)


歌唱者の表情をトラッキングして,美少女ロボットHRP-3Cの表情に反映させるものでしたね.

あれから1年半たった2012年5月,Kinect for Windows SDK 1.5で表情認識機能がつきました.
Kinect for Windows SDK 1.5 提供開始、日本語音声や表情認識、着席モードに対応(2012年5月21日 Engadget)

おおお!やた!これなら手が届きますよね!あとはこれにMikuMikuMovingが対応すれば!もしかして MikuMikuDanceも! なんて,期待が膨らむ膨らむ...

そんな中.またものすごいシステムが報じられました.
ボカロな3Dモデル使用の慶應義塾大学のアバターシステムが驚愕すぐる件(2012年6月11日 初音ミクみく様)

デモ動画(diginfo.tv)をみますと,本当にWebカメラの映像だけで,リアルタイムで大変安定して顔を認識し,表情を追跡できるようです.
ここまで技術は進んだのか...ほんとに驚きました.安定して,というのがほんとに難しいのです.
これはぜひ名工大のMMDAgentと共同研究していただいて!なんて期待が膨らんでしまいますね.

このデモ動画も,最新のMMDのモデルが使われていますね.ホビーストのN次創作の成果が学術研究を促進し,次の世代のこの分野への関心をも高めている,壮大な創作の連鎖だと思います.わくわくしますね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード