スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMDの新ツール情報

おひさしぶりで(ry

MMD解説本「MikuMikuDanceでPさんと呼ばれる本」発売,おめでとうございます!
こんな具合に,ますます発展の著しい MMD,ふと,面白いツールの情報をキャッチしました.
まずはこの動画をごらんください:

(http://www.nicovideo.jp/watch/sm10503282)

まるで,ネルさんのヘッドセットにカメラを取り付けて撮影したかのような映像ですね!

どうやっているのでしょう?

動画の説明文をみますと「モーションの変換にはMMD_MotionWorksを使わせていただきました。」とあります.
MMD_MotionWorks...?
"MMD MotionWorks"で検索してみると,確かにzipファイルを入手可能です.
展開してみると,readme.txtに次のように書いてあります (以下,readme.txtより抜粋引用)

■■ MMD MotionWorks ■■

新規導入やバージョンアップの手間を省くため、
MMDのモーションに関わる自作ツール群をパッケージ化しました

現在は以下のツールが含まれます(2010/4/21)

・MMD PathMaker 0.5
 ・およびそのプラグイン

・MMD CameraObject 0.1

・VMDEditor 0.1


そして,それぞれのreadmeには,つぎのようにあります:

MMD PathMaker 0.5 の説明 (PathMaker_Readme.txt より引用):
  MMD上で自由な軌道で物体を移動させるモーション生成ツールです
MMD CameraObject 0.1.1 の説明 (CameraObject_Readme.txt より引用):
  付属モデルを使った、カメラワーク拡張ツールです
  カメラ型モデルの動きを、そのままカメラワークに変換します
VMDEditor 0.1の説明 (VMDEditor.txtより引用):
  VMDの読み込み・書き出しと簡単な編集、CSVへの書き出し・読み込みができます


これらのreadmeによりますと,作者様は,いずれも「そぼろ」様とのことです.

冒頭の動画は,MMD CameraObject を使用して制作されたようです.
動画の説明文からたどれる最初のバージョンでは,まさに,人の体にビデオカメラを装着して撮影した時に得られるような,リアルにアングルの変わる映像が.そして,調整を施した冒頭のバージョンでは,安定感のました映像が見られます.

物理演算によるリアルな動きを,実写では不可能な視点で映像化したり,立体視と組み合わせていっそう迫力を出したり,いろいろとアイデアが刺激されます.

というわけで,おなじみ「ソフトウェアまとめ」に記載しました!

【5月17日朝追記】昨晩書きかけで寝落ちしてしまい,今見たら,公開されていたらしくorz 恥ずかしいにもほどが!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。