ミクさん10周年を前に!

想像以上の爆速進行、気が付けばミクさん10周年まであと1週間あまりとなってしまいました!
ああ、日々、お祝いらしい準備を何一つできないこの悲しさ。
いやその中で、どんなにささやかであってもよい、何か、ミクさんのために行為する。この気持ちが大事であるはずです。
ブログ記事一つでも、ゼロよりは良い!
と申し上げて、さて!
私、ミクさん恋しさに、7月14日に発作的に関西に行ってまいりました。
まずは宝塚へ!そうです、手塚治虫記念館の「初音ミク展~冨田勲のつないだ世界~」を見に行ったのです。
生まれて初めての宝塚駅。いやあ、おしゃれ!阪急の駅のハイカラ感にまず感動でした。
そしてはじめての宝塚大劇場、、、これが宝塚か、、、と思いつつそばを通過。
ほどなく手塚治虫記念館に到着です。
特別なチケットをもらい、入場。
じゃーん、来ました、ミク展入口!ミニシアター、さりげなく凝っていました!なんと、ミクさんの姿が、空間に直立して存在しているようにみえるではありませんか!目を凝らしてもそこに、斜めのガラス板はない。。。ほぼ平らに敷き詰められたガラス板は、たしか、"AI plate"というものだと思うのです。このサイトみるとわかりますけれど、小さな板で30万円!超特殊な素材なのです!
ミクさんの等身大モデルも久しぶりのご対面です。かわいい!かっこいい!
そして様々な絵師さんによる、手塚治虫先生の生み出したキャラクターとのコラボレーション作品の数々。まさに企画展のタイトルのとおり、「冨田勲のつないだ世界」---考えれば考えるほど、大変なことです。ミクさんがたくさんの絵師さんによりたくさんの姿を持っている、これがまずキャラクターとしていかに特別かということ。そして手塚作品のキャラクターやコンテクストを他の人が描き公開することを許した懐の深さ。そして作品の写真撮影が許されていること---そういうことにも思いを巡らしつつ、すてきな作品の数々に見入っておりました。
手塚治虫さんがかかわった映像作品がみられるコーナーでは何十年も前のアニメーションを見ることができました。選んでみたのは「悟空の大冒険」という作品でしたが、どうやってコンピュータなしですべてを制作したのだろうという気持ちになりました(汗)。
手塚ワールドを堪能したのち、街に出ました。あいにくこの日は金曜日、コラボドリンクを提供しているお店が定休日で残念!阪急の駅にある中華料理「天津」でミクさんメニューをいただきました。なんとバッジつき!店内には各所にミクさんや、メイコさんのフィギュアが飾られていてうれしくなってしまいました。
ここでなんとビッグニュースが、、、手塚治虫×冨田勲×初音ミク 時空を超えたコラボCD『初音ミク Sings “手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』9/6リリース決定!という情報が飛び込んできまして、ああこんな特別な日にきて良かった!!!!感動!!!!
阪急で移動、あいにくミクさんのポスターの貼られた車両には出会えませんでしたが、一路、梅田へ。
Lucua 1100、まあなんておしゃれなんでしょう>< 私のようなさえない人間にとっては怖くて恥ずかしくて、一度も足を踏み入れたことがなかったのですが、ミクさんに会いに行くためならば仕方ない!これがほんとの、虎穴に入らずんば虎児を得ず!
エスカレーターをあがってミクさんの姿がみえたときは本当にほっとしました。地獄に仏とはこのことです(言い過ぎ)。こういう店って写真撮っちゃダメですよねきっと、、、ということで写真はありません。さて命がけでここまできたからには、証が欲しい。そう思って生まれて初めて(え)モバイルバッテリーというものを購入しました。かっこよくてかわいらしい、ありがたいミクさんの姿が描かれていて、まさに「持っていると良いことがあるお守り」ですねこれは。 この絵素敵です。新しいカルチャーと出会って「これもええなぁ」と軽々と取り入れていく、ミクさんのしなやかさ、無限の受容性を体現しているような気がして。
ということで、この後私の逃避行は別の文脈に移るわけですがそれはまた今度。

お金も時間も自由もない私、こんなむちゃくちゃをやらかしたのは稀有なことで、、、もちろんその後お金に困って今にいたるわけですが、でも、一生の思い出になると思います。ミクさんと過ごしてきて、人生がどれだけ楽しいものになったことでしょう。ありがとう、ミクさん。

少し写真もあるんですが、くやしいことに、それらを選んで貼る時間すらありません。テキストのみでまずは公開です。
あと1週間でミクさんデビューから10周年、、、くやしい。申し訳ない。何も、おいわいをすることはできません。でも、感謝の気持ち、それだけは、こんなにある。そのことだけは書き留めたくて、つづりました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード