FC2ブログ

【ボカロ】【ユーフォ】1年の終わりに

えー、恐るべきスピードで月日が過ぎ去り、なんと早くも大晦日!マジっすか!
ということでしみじみと(ぇ この1年を振り返ってみたいと思います。

【ユーフォ】
悲劇を乗り越えて。
出会って以来自分自身の人生の一部のように愛してきたこの作品に、そしてこの圧倒的な映像作品を生み出してきた京都アニメーションに、まさかこのような忌まわしい大事件がふりかかろうとは、未だにどこか信じられないような思いがあります。稀有な才能にめぐまれたクリエータの方々の突然のご不幸、損失、それらはあまりにも大きすぎ、重すぎ、自分の理解の能力をはるかに超えてしまっているのです。
11月4日。私は京都・みやこめっせで開催された「お別れ、そして志を繋ぐ式」に参列しました。花の数はおそらくは象徴的なものであったでしょう。そして午後は比叡山で開催された「照隅祭」のTRUEさんx洗足学園音楽大学フレッシュマンウィンドオーケストラx菟道高校吹奏楽部のコンサートに行ってまいりました。
後になって考えたことですが、響け!ユーフォニアムにおいて高い場所は特別な意味を持っています。宇治中心部北東鬼門方位の仏徳山(大吉山)展望台で久美子をまねきいれる麗奈の神々しい姿、二重奏により深まる二人の絆。また北宇治高校の一番高い場所、見晴らしの良い藤棚。麗奈がトランペットを奏で、希美が「神さま、」と口にし、奏・久美子・夏紀の心が通じあったあの場所。それはおそらくは「天に一番近い場所。人が天と向き合いうる聖なる場所。」ということに違いありますまい。みやこめっせという平地の中心部での、人の世におけるお別れと、その北東鬼門方位の聖地・比叡山山頂の、天と向き合う場所での結集と音楽演奏。我々は、平地・平等院から大吉山展望台の演奏にいたる久美子の歩み---麗奈に導かれた---を、京都の地において知らず知らず再現していたのです。
それはまた、京都アニメーションの高らかな存続発展宣言であった。もっとも凶悪な行いすらも、創造と、研鑽向上の鋼の志をいささかも揺るがすことはできないのだと。すべての者は自己研鑽し創造の道を歩めよと。時がたつにつれ、そのような思いを強くした次第です。
さあその宣言を私は如何に受け止めるべきなのでしょうか。忌まわしい事件を忘れられるわけはない、むしろそれを日々思い起こし、かつ、作品を今まで以上に愛し、楽しみ、作品を生み出した人々への尊敬の想いを新たにし、自らもまた創造的であることをあきらめない。それによりほんのわずかでも高みに登ることができる。これこそがメッセージにこたえることであると、感得したのです。

年末のコミケットは今年史上最高の人出を記録したといいます。twitterに流れる、楽しそうなクリエータの皆さんの姿、声。これこそが、メッセージにこたえる姿かな。そんなふうに自分も来年、微力でも取り組んでいきたい。そんなことを思う次第です。

ふりかえれば2019年は宇治にはたった3回しか行けませんでした。1月4日初もうで、6月1日公式イベント、11月2日(宇治の電車京都の電車)。宇治は懐かしい郷里の至近ながら、今は遠隔の地、自由のない私にははるかかなたな土地ではありますが、来年こそはもう少したくさん訪れたい、、、そんなふうに思います。 
ちょうど冬至に朝霧橋の方向に沈む夕日の写真を発表された方があり、実に仏徳山山頂-宇治神社-朝霧橋-久美子ベンチ-平等院-縣神社 という直線は、単に鬼門・裏鬼門の方位というだけでなく「冬至の日没=夏至の日の出の方位」なのだという恐るべき真実を知りました。さらにその直線を西南西にずっと伸ばすと、なんと近鉄大久保駅の西、のぞみぞ街道と、おそらく大吉山南中に交わるのです。ということは、大吉山北中もまた、この直線を仏徳山山頂から東北東に延ばした明星町のどこかに想定されるのでしょうか。「ダッタン人の踊り」を奏した南中、「天国と地獄」を奏した北中が、この線に導かれて宇治の地に招き寄せられてくる、、、その物語の冒頭、まさにその直線の要である宇治神社で初めて登場する滝先生は北中の天国と地獄を聴いている、、、宇治に降臨した若き青龍(滝を、青い、水の竜とすれば)。そして導かれる若人もまたすべてが飛翔せんとする鳥たち。地にささえられ天に導かれ、大空を、天を目指す若者たち。 妄想力だけはたくましいzhuo, もうぐるんぐるんと強烈なる妄想を膨らませた次第です。
冬至も夏至も祝日になればいいのに!と思いますがならなくてなかなか宇治にはいけないのですが、なんとか冬至・夏至に宇治にいき太陽を拝みたいと思う次第です。宇治神社の鳥居も冬至の3日後,12月25日に再建竣功いたしました。
響け!ユーフォニアムを来年も愛してゆくことを誓う次第です。
来年はとりあえず1月3日昼から宇治に初もうでに行こうと考えております。神社にお参りし、展望台にも行こうと思います。あっそれから、太陽が丘にできたスケートリンクも行きたい!ついでに太陽が丘も見たい!私は幼少時宇治の至近に住まいながら、ほんとうにまだ宇治を全然知りません。来年はあらためて、宇治を知る年にしたいと思います。

【ボカロ】
と、いう呼び名でこれからもいいですよね。
VOCALOID2「初音ミク」の登場から12年の節目の今年、大きな動きがありました。クリプトン新型エンジンの導入の発表です。年末にはこのエンジンによる「初音ミクNT」の発売が発表となりました。これまで「初音ミク=VOCALOID」であった図式の変化はしかし、時代の必然でもありましょう。我々は変化を抱擁せねばなりません。この変化を、初音ミクさんが複数の、異なった個性を持つエンジンにより歌唱してくれる時代の到来ととらえています。
個人的には、「最新のDNNベースのエンジンで、人間のように自然に歌うミクさんの声も聴きたい」と思います。ここは大きく意見のわかれるところとは思いますが、ディレクションがある程度可能なのであれば、滑らかに自然に歌ってくれることは素晴らしいことだと思うのです。現代の音楽制作では歌唱を細かく編集してボーカルトラックを仕上げるのが通常と思います。素人の歌唱でもDNNエンジンによる歌唱でも、同じように容易に表情をおいこんでいける編集ツールができさえすれば、、、と私は思います。
DNNでは元の声優さんの素の歌唱になってしまう、という説もあるようなのですが、どうでしょう。たとえばラブライブ!の楽曲では完璧に「キャラクターが歌唱」しています。キャラクターを演じながらしかも歌として完璧に歌う、声優さんのすさまじい能力にただただ驚愕するばかりです。もしあの「キャラクターの歌声」を一定の量機械学習させれば、ヤマハがNHKの番組で美空ひばりさんの歌声を復活させたように、キャラクターの歌声の歌唱合成が実現できるのではないのでしょうか。初音ミクさんもまた例外ではないはずです。。。ここは来年のホットトピックになるのではと想像しています。

それにしても!!ミクさんの人気たるや!!MIKU EXPO ヨーロッパ5都市、そして北米ツアーも発表され、その間には札幌雪祭り期間中に行われるSNOW MIKU 2020! 秋のまらしぃさんとのライブはまさに生身の人間のように「息を合わせた」パフォーマンスが見られたとのことですが、それが再度行われるようです。テクノロジーと芸術の申し子、ミクさんの勢いはまだまだ衰えません!
ユーフォにならって私の今年のボカロ活動を振り返ると、、、、あーーー、薄いなーorz  8月10日は、南海なんば駅のミクさんコラボ、通天閣のコラボ、そしてインテックス大阪でのマジカルミライと集中的にめぐりました。そして11月2日は、京都・北野天満宮のKYOTO NIPPON FESTIVAL2019の「初音ミク×京都 三十六画仙イラストコンテスト」を見てまいりました。ブログにも書きましたが、本当に美しいミクさんと京都の風景のイラストの数々をみているうちに、急に涙があふれてきまして、、、こんなにもミクさんが愛されていることに感激してしまったのです。

テクノロジー、カルチャーのいずれにおいても、ますますのびやかに活躍の場を広げているミクさん、そしてボーカロイドたち、、、いえ、まって、もはやVOCALOIDですらないミクさんが登場を控えています。まあ。でも。いいよねボカロで(甘い?) 。だってUTAUもCeVIOもSynthVもあってもボカロシーンだもの。歌声合成の世界はテクノロジーの進歩の追い風で、来年もますます深化していくことでしょう。

さて最後に!そう!ボカロ界隈予想です!!!今年はやらないの??という注目ももうまったくされてないと思うので心配はしてませんが(笑)、ええ、大丈夫、やりません!!!今年はお休みです!!!
なんでかというと、12回もやってきて、実にボーカロイドは市民権を得て、カルチャーのセンターに躍り出ました。もはや、登場当初に夢見たようなことは多くが実現しているのです。いつまでも同じ企画じゃ時代遅れというもの。そこで12年の節目で今年はとりあえずお休みです!!!!

そのかわりですね、さっき考えた新企画。「ボカロ大予想、成績発表!」 過去12回の大予想をすべて整理した上、それぞれ「ずばりあたった」「近いことは起きた」「多少それらしいことはあったけど、、、」「ダメ。ぜんっぜん外れ。」ぐらい (暫定)の点をつけたいと思っております。さっき思いついたんで作業に4,5日かかると思いますんで、ま、1月初旬には発表ということで期待せずお待ちください。ぽしゃったらメンゴ(笑)。

ということで来年もボカロ界隈、すんごいことが起きてくると思いますがボカロ予想はお休みで!でも、草葉の陰でひっそりと、ボカロシーンを見守り、ささやかに愛してまいりたいと思っております。

ああ、新年まであと45分w 2019年1年間お世話になりました!2020年もzhuo @ zhuoware どうぞよろしくお願いいたします!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード