スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2011 Part2

あけましておめでとうございます_o_
「ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2011」,前の記事で,募集した大予想の数々をご紹介いたしました.
大予想2011 Part 1
続いて,zhuoの妄想の発表です.例によって月別スタイルですよ!

1月 公開となった MMDAgent, さっそく有志により移植,拡張がはじまる.3D 表示やモーションキャプチャ・編集の手段がぐっと身近になった絶好のタイミング,さらに,制作を楽にする便利ツールの出現も後押しして,ホビーストによる創作がみるみる広がりはじめる.

2月 このところ世界各国で放映されているボーカロイドの紹介番組のうちの一つが,日本でも放映され,ようやく,この3年間のボカロ界の出来事が人々に広く伝わる.丁寧に取材した公平で客観的な内容に「日本の出来事なのに,海外の放送局のほうが先にこんなにきちんと紹介してくれた」と評判になる.その後も良質な番組が海外で制作され,世界中にボーカロイド現象のことが知れ渡っていく.

3月 研究機関が単語のアクセントDBを公開.PodCastの音声を認識して単語を拾い,その区間の音声のピッチを収集しているらしい.誤認識も多かったのだが,iPhoneアプリやPCのフリーウェアがこのAPIに対応し,多くの人が誤りを修正しながら遊んでいるうちに,だんだん精度が上がってきた!

4月 ボカロキャラクタの入った音楽グッズ,文具,日用品が増えてくる.ティーンの雑誌でも紹介され,ついにはボカログッズコーナーを常設するショップが東京に出現し大賑わい.海外からの旅行者が目立つのは,自国で紹介番組や記事を見てハマり,旅行の本や旅行サイトの情報を見てやってくるらしい.

5月 アナログ停波を控えて 3D TV をプッシュすべく,メーカー各社がPC業界と連携してキャンペーンを実施.ボカロのキャラクタに白羽の矢が.「ゲーム機のオプション機器や 3D ビデオカメラで作った 3D モデルのモーションも,動画サイトで増えてきた 3D の動画も,3D TV ならほーら大迫力!」連夜オンエアされる TV CM や,電器店,PCショップの店頭に,ボカロのキャラクタが登場.

6月 ついにMMAgent杯が開催される.一人芝居,漫才,しりとり,手遊び,クイズ,暗記の教材,通訳,情報家電の操作法説明...まさにカオスな大盛況.やはり,支援ツールの出現が大きかった.GUIによるシナリオ編集,身の回りのものをUSBカメラ一つで3Dモデル化...おのずと Agentシステムの標準プラットフォームとなり,プレゼンといえばMMDAgentが定石になる.

7月 ボカロカラオケルーム登場!ボカロのアーケードゲームが設置されており,3D の大画面とマルチチャンネルの高品位音響システムで思い切り没入できる.さらに ヘッドマウントディスプレイ を装着すれば,ステージに飛び込んだかのようなCG映像を味わいながらカラオケが可能.「ゲームセンターで人前でプレイするのは恥ずかしい」人たちひそかに歓喜.あまりの中毒性に,入り浸っちゃう人多数.

8月 お盆明けに,新幹線はやぶさを貸しきってのボカロ・トレインが実現.千何百万円の貸切費用,絶対無理と言われていたが,協賛企業と旅行会社が最少催行人数つきで募集してみたら即完売.コスプレOKの車中では,サークルがワゴンにCDなどを積み車内頒布する他,グッズ販売,PVの上映会も行われる.青森ではコスのまま会場に移りメインイベント後,オフ会,ボカロ曲ライブがあって一泊.翌日は札幌に向かい...のちに「あれで私達知り合ったんです」というカップルが続出する,伝説のツアーとなる.

8月31日 [再]今年もミクの誕生祭が各所で盛大に祝われる.恒例チャリティ番組で有名アーティストがボカロ曲を歌う.日本中の会場のティーンが一斉に歌いだす様が放映され,ボカロ曲の浸透ぶりが,はからずも世間に認知される.イベントはもう,たくさんありすぎて書ききれないほど.

9月 [再] 学会の全国大会で,専業研究者でないホビーストが発表できるイベントが併催される.ハンドルネームで可,プレゼンはMMDAgent使用でも動画投稿でもストリーミングでも可,会場にいれば専門家のアドバイスも受けられるとあって好評.学会会員数も増える.以後,通信制の研究生,また社会人修士・博士が増え始めるきっかけとなる.

10月 出た!展示会で,日本が誇る人型ロボットが,身振り,表情,歌声で豊かな感情の表現に挑む!動画から踊り手の動きを抽出し,与えられた動きに極力近くて,必要なパワーの少ないなめらかな動きを生成し,バランスを崩しても動的制御で回復し...先端技術のオンパレード.関西の研究拠点とのコラボにより,顔の表情もぐっと豊かだ.それにしても,メインステージで有名な踊り手とロボットが共演し,その動きが,会場内の各社の3D TVでも携帯電話でも,そして 別の研究機関の 3D 電子ホログラフィシステムでも同時に表示されるとは,おそるべし,日本の技術力!

11月 秋になっても,海外からは,ボカロ関連情報が次々飛び込んでくる.イベントや上映会はもちろんだが,びっくりするものも.海外のフィギュアスケート選手が,地元の大会のエクシビジョンで,ボカロキャラクターのコスで,ボカロ曲メドレーにあわせて演技した; 海外のポップスシンガーが,正式な許諾を受けた上でボカロ曲をカバーし,それがテレビドラマで使われてチャートインした; 海外の大物俳優のテレビ映像を良く見るとボカロキャラクタ入りのグッズを身に着けていた...

12月 思えば,アマチュア楽曲の権利手続きの枠組みが固まってきたことで,放送局が安心してボカロ曲を放送に使えるようになったこの一年であった.FMではついにレギュラー番組が実現.テレビでもこの数ヶ月,おなじみのボカロ曲をBGMで耳にする機会がぐっと増えた.ドラマでも,ボカロの話題がからむ設定が普通になった.「あのBGMは何?」というところから火がつきさらにヒット曲も誕生.紅白は---慌てることはない.10 代の心に鮮明に刻まれ,2050年の50代が皆で歌えるのはボカロ曲なのだから.


はい!いかがでしたでしょうか. 
過去の大予想を振り返りますと

いろいろと夢が実現してきたものだと思うところ,まだまだこれから!というところ,さまざまですね.
今年も,ボカロ界が驚きと喜びに満ち溢れた場となりますように!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。