スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはワクテカがとまらない!ローランドDGの切削加工機「iModela」

みなさん!大変なものが発売されますよ!

ローランドDGのニュースリリース:
無限の想像力をカタチにiModela iM-01発表

ITmedia記事:
自由に立体制作できる7万5000円の切削加工機「iModela」 ローランドDGが発売

いわく:
---無償提供する専用CAMソフト「MODELA Player 4」を使えば3D切削加工も可能。自分で作ったり、ネットからダウンロードした3Dデータを使って切削加工を楽しめる。小さなフィギュアや、オリジナルアクセサリー、プラモの追加パーツ、フィギュアの装備品、鉄道模型用の小物──など、アイデア次第で様々なものを製作できるとしている。---

ネットからダウンロードした3Dデータ...!?
フィギュア...!?
もしかして,
MMD用のアクセサリやモデルデータも...!?

まてまてまてまてまて

それは大変だ!
もしかしてローランドDG社内には,すでに,ミクさんのデータから生成されたフィギュアがあったりするのでしょうか...
だれが一番最初に,MMDのモデルデータの立体出力に成功するでしょうか!!

ああ,MODELA Player の入力フォーマットがわかっていれば,
VPVP wiki:
モデルデータ作成までの流れ
をにらんで,あらかじめデータを用意しておけるのに!!

【追記】入力フォーマットわかりましたよ~!!
対応ソフトウェア、データ
によりますと:
DXF
AutoCAD(R) Release 12J - 3Dフェイスとポリラインが読み込み可、ポリラインは3Dメッシュとポリメッシュのみ、ソリッド/2Dは読み込み不可; 3D FACEの記述があること
STL
ASCII(テキスト)とバイナリのどちらも読み込み可

だそうです!「2次元DXFおよび3次元ワイヤーフレーム形式のDXFはサポートしていません。」との記述も.

不勉強で知りませんでしたが,今までもローランドDGからこの種の製品は出ていたんですね,でも,もっとも安い価格の製品でも標準価格:298,000円(税込価格:312,900円)(MDX-15)で,とても個人で買えるものではありませんでした.
しかし7万5000円なら!これは奮発できる方おられるんじゃないでしょうか!

で,ですね,どうやって変換するかですが,Blender にプラグインを入れてPMDをimportし,そして DXF または STLでexport すればできるのではないでしょうか!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。