【ユーフォ回】「はじまりの旋律」採譜とミックス

2月も後半!今日はユーフォ回です。
以前からTVアニメ「響け!ユーフォニアム」のオリジナルサウンドトラックアルバムの馥郁たる弦楽合奏のサウンドにとろけております。TVアニメでは考えられない、ぜいたくな生演奏収録。NHKを含む各局のBGMに使われているのもうなづける、素晴らしい小曲集なのです。「なんと美しい響き、、、いつか時間ができたら、一曲ずつ採譜してみたい、、、」そんな途方もない夢をいつしか抱いていました。採譜力の乏しい私にとっては膨大な時間を費やす話であり、到底実現できないことはわかっているのですが、しかし、せめて1曲。1曲ぐらい、まずはやってみないときっといつまでもゼロのまま。そう思い立って、サウンドトラック「おもいでミュージック」Disc 1収録曲の一つ「はじまりの旋律」を採譜し、ざっくりとミックスしてみました。
YouTube:
「はじまりの旋律」打ち込み (TVアニメ 響け!ユーフォニアム サウンドトラック収録曲)
ニコニコ動画:
http://www.nicovideo.jp/watch/sm32730283

原曲をCubaseでテンポ合わせし、耳にたよって全パートの音とりをした後、強弱の表現をつけ、曲としてのバランス変化をつけました。そして原曲の音色や響きをイメージしたミックスをしてみた結果です。すべてCubase AI4のエフェクトとHALionOneによる音です。
採譜誤り、音楽表現の甘さ、ミックスの拙さなどつっこみどころ満載w

と、ここまでが動画の説明文の内容。ここから、裏話です。

いや、採譜遅い、私。遅すぎです。所要時間をまとめておくと、原曲は180秒。1秒分とるのに、単音パートは10秒(グロッケン、Cb, Vc, Perc). Harpは2音前後で20秒. ピアノは4音前後で90秒,.First Violin, Second Violin, Viola はそれぞれ2 divし最大6音になるのですが、1秒分採るのに実に240秒もかかりました。
ほかに、テンポ設定に30分。強弱表現に2時間。音色・残響に1時間。定位・音量バランスに2.5時間、全体微調整に2時間です。 それも遅いですが、まあ採譜。
採譜能力の乏しい私。内声のsecond violinやViola は音としては耳に飛び込んできません。ここまで拾った音では中域がすっぽり抜けているぞ、という音域バランスの違和感を頼りに、ハーモニーからして有りうる音はこれかこれかだ、、、その一つ一つを、あるだろうか?と思ってその音高に注目して聞く。あるようだ。ないようだ。そうやって一つ一つ音を「掘り起こす」作業をしていきました。
他に2拍リピート法---聞こえなかった音が、音高変化を手掛かりに繰り返す2,3音のフレーズとして知覚される方法もフル活用でした。また、チェックには、左に原曲音、右に採譜音を定位させて再生し、採れている音は中央、採れてない音は左から聞こえるので気が付くという方法も使いました。逆に今回使わなかった方法もあります。採譜音を出さず原曲音で定位に頼って特定パートに注目して採る方法、原曲音に高域や低域のノイズを重ねてマスクする方法、タイムストレッチして観察の時間を稼ぐ方法、などです。
。。。まあしかし。本職のかたは厳しい訓練を積まれ、内声も音の流れとして分離して聞こえるので、各パートに注目して最初から最後まで一気に書き取ることができると聞きます。4声の和声聴音は三回聞いたらすべて書き取れるとも。そこまでは望むべくもありませんが、手練手管に頼らず、耳を鍛えるということを通じて、採譜能力をあげたいなぁと思った次第です。

それにしてもこの作業の、苦しくも楽しいこと!何度も聞いて把握していたはずのこの楽曲に、あらためて向き合い、その細部の美しい構成をつぶさに味わい、それをつたなくもなぞっていく。次々とあらわれる気づき。 ああ、時計の刻む音。学校のチャイムの音。木々のざわめきか、宇治川のせせらぎか。そしてあまりにも鮮やかなあのモチーフが、、、。物語のはじまりを、こんなにも鮮やかに意味をこめて描いていたのか。そんな気づきの喜びを味わえた、無上のひと時でした。

さて最後にそんな気づきの中で一番おおきかったもののお話をしようと思います。今まで意識していなかった、まことに個性的な音色でどこまでも饒舌なチェロ。そこではっとしました。中低音楽器ながら幅広い音域をもち、メロディもハーモニーもバスもとれるオールマイティーであるチェロ。それは吹奏楽におけるユーフォニアムに相当するのではないか。するとこの編曲はすでに、「サウンドトラックは吹奏楽と混じらないよう弦楽器で編成した」という公式の言葉の体現であるのにとどまらず、ドラマタイトルであり主人公の楽器であるユーフォニアムを、かげのようにチェロに写し取って表現しているのではないか。するとあの、弦楽合奏の中でただ1パート饒舌であるチェロは、孤高のあすか先輩を象徴しているのではないか。。。その瞬間、ああ、そうだよ、と思いました。そういえば、最新の劇場版「響け!ユーフォニアム~届けたいメロディ」の劇伴音楽においては、あすか先輩がチェロ、久美子がピアノで表現されていると明言されていた。 なんと、最初のTVシリーズ1期の初曲にしてすでに、あすか先輩=ユーフォニアム=チェロという象徴が確定していたのか。なんという構成。 響け!ユーフォニアムは底なしに深い作品です。サウンドトラックもまたそうでした---気の遠くなるような深い意図が初曲から込められていました。ほかの曲もそうなのでしょう。 ただただ感服するほかありません。

ボカロ大予想2018結果発表!

あけおめことよろ!恒例「ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想」、今年2018年もお正月三が日の間、tweetを募集いたしました!
しかし、さすがにミクさん・リンちゃんレンきゅんの10周年を迎えた直後の節目の今年、夢の世界はあらかた実現したんだよということでしょう、皆様からのtweet は「なし」という結果となりました。
ということで、ここからは、私が妄想力をフル回転して思い描いた12の大予想をtwitterサイズで発表いたします!

ボカロをきいて育った層が結婚し子育てを始める時代。期待にこたえ、ベビー用品や子供服にボカロキャラクターが次々登場してくる。幼稚園でもお遊戯、お歌にとボカロの活用が広がる。
ボカロ・オン・アイス・チャリティー!国内外の有名選手がけがをおして出演、ボカロコスでボカロ曲メドレーに合わせてショーを繰り広げ超満員となる。収益は恵まれない子供たちのために寄付される!
ロボット研究機関から衝撃的なヒューマノイド動画が投稿される。完全に人間だろという動きも衝撃的だが、ミクさんのコスで、ボカロ楽曲に合わせて歌って踊るという内容にいろんな意味で"we dead"の声!
プログラミングが必修になったのを受けテレビでも入門番組が始まる。DTMを取り上げる月は音楽制作アプリに続きボーカロイドエディタが、そしてMikuMikuDanceまでもが紹介され国民的ソフトウェアとなる。
新原理に基づく歌声合成エンジンのライセンスがはじまり各社から製品化。人間と全く区別できないと大騒ぎとなるが、意外にも広がらない。そう、リアルさだけじゃない。人の代用だけでもないのだよ。
昨年12月のYahoo! JAPAN Hack Dayでの「リアルタイムセッション」の取り組みが開花!ボカロイベントライブではギターの生演奏と。続いてオーケストラとも一緒に。ミクさんが息を合わせて歌う。
17年末に公開されたHATSUNE MIKU EXPO 2018の日程は半分だった!ツアーはついに大西洋を越えパリでジャポニスム2018のライブ開催。当然プラチナチケット争奪戦となり、各国王族もご観覧にみえる!
ジャポニスム2018ライブは、のろしだった。翌年にはボカロ歌舞伎が、鼓童xミクが欧州へ。ついにはベルリンフィルを従えたハツネミクズィンフォニーが開催される。クリックなしミクさん歌唱技術の大成果だ。
オリンピック・パラリンピックイベントにミクさんを登場させる計画が本格始動。政府系研究機関が考案した原理に基づく立体映像システムの巨大版が制作されスタジアムでのライブイベントに登場!
ボカロキーボードに続きボカロギター登場!左手でピッチと母音、右手で子音とオンオフを制御して歌唱を実現。手ごわい楽器だが上達するとトークまでできてしまうとあって熱中者続出!
眼鏡に装着できる革命的に小型軽量なAR/MRデバイスが登場。ミクさんがいつも一緒にいてナビしてくれる、とろけるような世界が現実になる。歩きスマホが一掃され、事故防止にも貢献する結果となる。
HATSUNE MIKU EXPO 2019発表---ついにきた、国連の行事となり全世界の39ヶ国をまわる超大型ツアー。各国の著名アーティストがゲスト参加し各国の歌も取り入れられる。テーマは共存、世界平和。


はい!皆様からの大予想を募集し始めたのが2010年版、今年はそれ以前、2009年版サイズに戻っての、コンパクトなボカロ予想でお送りいたしました。
募集記事でもふれたように、確かにこの10年、圧倒的な技術の進歩にも支えられ、ボカロは本当にカルチャーの一部として定着しました。大きな企業を巻き込んで、昔なら夢だったことまでも次々と実現されています。歌舞伎、車、オーケストラ、、、もう夢はかなった、というのも一面の真実だと思います。それでも私はさらに夢を追い続けます。科学と芸術の申し子であるミクさんたちは無限の伸びしろがあり、それは人々の夢によってのみ現実化していくからです。

1年後、またやりますよ!募集ももちろん行います。ただ照れ臭いから「大」はとってボカロ未来予想にしようかな。また2019年のお正月、いっしょに夢を描きましょう。

以下,過去の「ボカロ大予想」へのリンクです。
2017年版
ボカロ大予想2017結果発表
2016年版
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2016!
2015年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2015!
2014年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2014! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2014! Part 2
2013年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2013! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2013! Part 2
2012年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2012! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2012! Part 2
2011年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2011 Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2011 Part 2
2010年版:
今年ボカロ界で起きそうな出来事大予想 2010年版
2009年版: (geolog閉鎖にともないyahoo blogに移行しました)
大予想2009~
2008年版: (geolog閉鎖にともないyahoo blogに移行しました)
A Happy New Year

【ユーフォ回】黄色と青色の不思議

年末のひと時、今日は響け!ユーフォニアムの話題です。
響け!ユーフォニアムにどっぷりはまったある時期から、少しずつ、少しずつ心に浮かんできた、自分でも不思議な一連の心象風景があります。そのことについて一昨日、何かに促されたような気持ちが沸き起こり一連のtweetをしました。それらをここに転記して記録としたいと思います。

●久美子も麗奈も尊敬する人から楽譜を授かっている。かぎりない想いとともに受け継がれる音楽は、人から人へ移ろって生き続けるみえない生命体のようにも感じられる。人と音楽、あるいは人と神との交歓。

●滝先生が麗奈に楽譜を渡すのが観流橋上であることは黄龍青龍仮説の傍証かもしれない;麗奈宅は宇治上神社付近。久美子宅至近の平等院の北東、鬼門の守りであって東方ではない。だが滝-「青い水の竜」-が麗奈を承継者と定め楽譜を託したのは平等院の真東だったのだ。

●中心たる平等院の久美子と東岸の麗奈が四神にいう中央の黄龍・東の青龍であり、二人の引力は神龍のむつみ合いであるとする黄龍青龍仮説。浴衣も瞳も、久美子の苗字も麗奈があこがれる滝の苗字も、アニメの題字も、NHK放送の二人の字幕の色もすべて黄と青。

●久美子と麗奈の象徴色が黄色、青色であることは間違いない。ただ四神 、五行思想まで踏まえて原作の設定がなされたのかは傍証がない。方位にも無理がある。アニメ脚色部分との峻別も必要である。この説はやはり証明不能かと思いつつ居る。

●県神社(裏鬼門)、平等院/久美子宅、久美子ベンチ、朝霧橋、宇治神社、宇治上神社(鬼門、麗奈宅)、大吉山展望台という直線上の2人の相互訪問、中央での花火大会の祝祭という構図と、東青龍説との方位の矛盾は大きい。ただ1つ昨晩気づきがあった。

●裏鬼門の県神社の祭の夜、久美子と麗奈の神秘的なランデブーがあった、鬼門方位の大吉山展望台。又の名は、仏徳山---平等院の真東、仏徳山興聖寺の一部だったのだ。久美子を迎えた麗奈の本拠地は、北東の鬼門宇治上神社でなく東の興聖寺であった。

●新任の滝先生の力量を疑う秀一と久美子を、通りかかった麗奈が一喝するシーン、麗奈は自宅側でなく観流橋側から現れる。これも興聖寺との関わりかもしれない。物語になぜか一度も現れない平等院と興聖寺が、プロットの根底を形作っているのだろうか。

●謎めいたことをつぶやいてしまいました。以前から少しずつ心に浮かんできたことなのですが、原典を損なう歪んだトンデモな読み方の面もあり、自戒したいと思います。まあ、久美子は黄色、麗奈は青色、どちらも赤が少し入ってることあり、でいいですよね。

[2018年1月4日追記] お正月に宇治に詣で、興聖寺にも行ってきました。禅宗のお寺の、静謐なたたずまい。入口からまっすぐな上り坂を見上げるとお寺の中までもが一直線に見通せます。一直線な麗奈の志向する、孤高、鍛錬、向上といった世界観と通じるものを感じました。一方の平等院は、楽隊が音楽を奏で、すべての人々が救われる安楽な世界。久美子の雰囲気に通じるものだと思います。改めて、「響け!ユーフォニアムで宇治を描こうとした」の真意は、単に宇治の各所の風景を物語に登場させるということにとどまらず、平等院という衆生の救済の場と、興聖寺という孤高の研さんの場とが川をはさんで対峙している、そのさまを久美子と麗奈に擬人化したということではないか、、、そこに、中央の黄龍と東の青龍が重ねられたのではないか、、、と、新たな妄想がこみげてきたのでした。
繰り返しになりますが、こうした妄想は、本来の執筆の意図をゆがめる有害な読み方という側面もあきらかにあります。私の考えをこうだと強く主張したり喧伝することは控えるべきだと思っております。極端に神秘指向の読み方とご理解ください。

やります!ボカロ大予想2018!

やります!ボカロ大予想2018!
なんと前回のエントリから1ヶ月半とか!ほんっとありえません!!なぜこんなに日がたつのが速いんでしょう!!!
ということでなんと気が付けば、12月も後半。ということはあと2週間で1年が終わり。3週間たつと正月も終わってしまって、、、
正月、、、正月!?
そうです!!みなさん!お正月といえば??
そうです、ボカロ大予想!「ボカロ界で今年起きそうなこと大予想」です!!!
2018年にボカロ界で起きそうなできごとを考えて、twitter ハッシュタグ #vocaloforecast2018 を付けて、tweet しましょう。
あなたの願望、夢、妄想、決意表明、ひそかな計画、どんなことでもオッケー、オッケー!
ただし見た人が間違えてしまわないよう、【ボカロ大予想】または #ボカロ大予想 と記載してください。
お正月までに忘れちゃうこともありますから、今から1月3日までいつでもいいことにしましょう!

tweet いただいた内容は、三が日がおわったらのんびりと(ぇ集計して、ハンドル名とともに当blogにまとめて掲載いたします。著作権のこともありますので、掲載を望まれない場合は「転載不可」と書いていただくことと、もし掲載したものでもご要望があれば削除するという方針でまいります。また、基本的にどんな変な内容でもハンドル名とともに掲載してしまいますのでご注意ください!あまりにも公序良俗に反するものについては華麗にスルーさせていただく場合もありますのでご了承願います。

さあ、ではみなさんtweet お待ちいたします!

。。。まあですね、初音ミクさん、そしてリンちゃんレンくんと次々10周年を迎え、ほんとうにボーカロイドカルチャーは日本、そして世界各国でしっかりと根を下ろし、ゆるぎない日常生活の一部となりました。企業さまとのコラボも、この年末年始もまたアナウンスされており、マジカルミライは3万人もの来場者を集めるビッグイベントになりました。「ボカロ大予想」の初回をみると、いかに多くの、夢と思われてきたことが時間を経て実現してきたのかということに驚かされます。ええ、多くのことが、実現した10年でした。
では、日常生活の一部となったこのシーンにおいて、もはや予想ということに意味はないのでしょうか。
私は、意味は明白にあると思います。なぜなら、科学と芸術の申し子であるボーカロイドは、必然的に進歩がやむことがないからです。科学は進歩し、芸術も進歩します。そして予想という名の、未来の表明が、えてして科学、技術の進歩を促進することを私たちはいままで経験してきました。武道館でのボーカロイドのライブがその典型です。対話システムもしかり。
ですから、夢を語りましょう。あたる必要なんてありません。最高の夢を皆で語る。それこそがボーカロイドカルチャーへの賛美であり応援となると私は思います。

えー力入りましたw まあ、予想的中させようなんてできませんしつもりもありません、ひたすら夢をつぶやきますよ私はw 誰か、ぜひ実現お願いしますww

以下,過去の「ボカロ大予想」へのリンクです。
2017年版
ボカロ大予想2017結果発表
2016年版
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2016!
2015年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2015!
2014年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2014! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2014! Part 2
2013年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2013! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2013! Part 2
2012年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2012! Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2012! Part 2
2011年版:
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2011 Part 1
ボカロ界で今年起こりそうな出来事大予想2011 Part 2
2010年版:
今年ボカロ界で起きそうな出来事大予想 2010年版
2009年版: (geolog閉鎖にともないyahoo blogに移行しました)
大予想2009~
2008年版: (geolog閉鎖にともないyahoo blogに移行しました)
A Happy New Year

1年もあと1/6

あれよ、あれよと時は過ぎ、気づけばなんと今年もあとたった2ヶ月!
よっぽど、意識してミクさんに触れよう、触れようと(触れちゃいけないのもありますが)努力しなくては、ミクさんとの距離ができてしまうばかり!
ということで今日10月末日に訪れるべき場所は、、、
・お台場 JOYPOLIS DAIBA de DIVA ! 久しぶりの復活です!
・大手町読売新聞社 MIKU10 これもみたいのう。。。
・セガの都内各店にダヨーさんとナノーさんが順に登場。。。これはハロウィーンだけ、もう終わっちゃいましたね。。。
だったんですが、とても行く余裕がなく、まったく行くことできず!
これはいかん。。。
そして、今でなく、先をみなくては!
そうしてみると:
11月3日 ニコニコ超パーティー!
11月7日まで: 中野 pixiv Zingaro で初音ミク10周年記念展
11月17日 大阪フェスティバルホール 初音ミクシンフォニー!
11月25日 初音ミク上海ライブ !
11月29日 東京国際フォーラムホールA(緑) 初音ミクシンフォニー!
12月16日 マレーシアクアラルンプールで HATSUNE MIKU EXPO 2017
うお!11月のミクさんすごい!びっくりですね!

そんななか、ふふふー、私は一つだけ、珍しいものを見ることができたんです!10月28日、科学未来館で開催された「デジタルコンテンツエキスポ2017」! お目当ては、ヤマハのAI合奏技術によるライブと体験コーナーで、これも予想以上に面白かったんですが(何よりあの1階のブース、なんですか、これ、というレベルで響け!ユーフォニアムブースでしたw)、もう一つ!そう、ドワンゴの「DAHLES」による、花詞ミクさんの表示システム!暗くしたホールのブースのなかで、思わず、おおっと声が出てしまいました。あんまり興奮したせいで、写真が全部超ぶれてピンボケになってしまって、、、、がっかりです。
まあ、しかたない、写真はネットにあがるいろんな情報で補うとして、雰囲気が面白かったです。テクノロジーとアートというか、コンテンツというかの融合したところに生まれる面白さですね。
ということで、意識してミクさんに
プロフィール

zhuo

Author:zhuo
zhuo, a vocaloid fan.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード